BNT-71W

  • BNT-71

目次

Wi-FiやGoogle設定など、初期設定についてやり方を教えて欲しい。

動作が不安定、挙動がおかしい→初期化してみる。

電源がオンにならない。画面が出ない。

電源が突然オフになる。

充電できない。

充電時間が長い。

バッテリーの動作時間が短い。

音が出ない。

スピーカーの音が小さい。

画質が悪い。音質が悪い。

ネットに接続できない。

アプリをインストールできない。

画面に気泡が見える。

タッチパネルが効かない。効きにくい。

動かなくなった(画面が固まった)。

GPSが機能していない。精度が悪い。

Bluetooth機器につながらない。

パスワードやセキュリティのパターンを忘れて使えなくなった。

画面の左下に「セーフモード」と出て表示がおかしい、アプリが使えない。

32GB以上のmicroSDカードを使用するためにFAT32でフォーマットしたい。

Miracastアダプターと接続したい。

Googleマップが起動しない。

Wi-Fiで「スリープ時にWi-Fi接続を維持」が変更できない。

PCと接続してもタブレットが認識できない。

初期設定の方法

以下に説明動画をご用意していますので、ご覧ください。

ページ上に戻る

動作が不安定、挙動がおかしい→初期化してみる。

・動作が不安定になったり、挙動がおかしい場合、タブレットを初期状態に戻すと回復する場合があります。

※この操作を行うとタブレット内のすべてのデータが消去され、初期化されます。
ご了承いただくか、必要に応じて事前にバックアップをお取りください。

<タブレットを初期化する方法>
次の順にタップいただきます。
1. [設定]をタップする。
2. [バックアップとリセット]をタップする。
3. [データの初期化]をタップする。
4. [タブレットのリセット]をタップする。
5. [すべて消去]をタップする。
6. 再起動して[消去しています]のメッセージが表示されます。
7. もう一度再起動し、起動画面が表示されます(通常よりも起動時間は長くなります)。
8. ホーム画面が表示されます。これで初期化は完了です。

ページ上に戻る

電源がオンにならない。画面が出ない。

・バッテリー残量がゼロの可能性があります。充電してから再度お試しください。本機はスリープ中も少しずつ電力を消費しています。長期間ご使用にならない場合は主電源をオフにすることをおすすめします。

・主電源がオフの可能性があります。電源ボタンを2秒以上長押しして電源をオンにしてください。

・スリープ状態では画面が出ず、画面をタッチしても反応しません。電源ボタンを一回押すと画面が表示されます。

ページ上に戻る

電源が突然オフになる。

・バッテリー残量の少ない状態でゲームや動画再生など高負荷の処理を続けるとバッテリーの電圧が急に低下することがあります。その場合システムが強制的に電源をオフにします。バッテリーの劣化にもつながるため、バッテリー残量が少なくなった際は、使用を一旦中断し、充電してください。バッテリー残量が低い状態での使用はできるだけ避けてください。

ページ上に戻る

充電できない。

・microUSBケーブルが正しく接続されているかご確認ください。また、端子やケーブルが破損していないか、他の機器で使用してみてご確認ください。

・ACアダプターが正しく接続されているかご確認ください。また、ACアダプターが故障していないか、他の機器で使用してみてご確認ください。

・バッテリーが完全に空の状態になると、充電器をつなげても充電表示が出なくなります。その場合、充電器をつなげた状態で数時間しばらく充電を続けてください。一定の状態まで充電されると充電表示が回復します。なお、ACアダプターは「5V 2A出力」のものをお使いいただくとより早期に回復します。

<バッテリー使用上のご注意>
バッテリーが完全に空の状態になるとバッテリーが劣化します。また状態によっては上記方法でもバッテリーが回復せず、ご使用いただけなくなる可能性があります。バッテリーは残量が15%以下になると警告が出ますので、残量が低い状態でご使用を続けたり、放置したりせず、こまめに満充電にしてください。長期間ご使用にならない場合は、満充電にしてから主電源をオフにして保管してください。

ページ上に戻る

充電時間が長い。

・公称の充電時間は「主電源オフ」状態で、弊社純正の「5V 2A出力」のACアダプターを使用した場合の値です。例えば「5V 1A出力」のACアダプターをご使用されたり、電源オンで使用されながら充電された場合、充電時間は長くなります。

ページ上に戻る

バッテリーの動作時間が短い。

・スリープ状態のまま放置するとバッテリーを少しずつ消費します。適切なタイミングでバッテリーを充電してください。

・主電源オフの状態でもバッテリーは自然放電します。事前にバッテリー残量をご確認ください。

・バッテリーの特性上、低温下ではバッテリ容量が低下します。

・Wi-Fi利用や動画再生、位置情報を使うアプリなどはバッテリーを多く消費します。必要のないものは停止することでバッテリーの消費を抑えることができます。

・画面の明るさを暗くするとバッテリーの消費を抑えることができます。

・空の状態で長期間放置されたバッテリーは一度充電しても回復しない場合があります。何度か充放電を繰り返してください。

・バッテリーが劣化している可能性があります。弊社お客様サポートセンターにご相談ください。

ページ上に戻る

音が出ない。

・音量が最小になっていないか、ご確認ください。

・ヘッドホンやBluetoothヘッドホンなどのBluetoothオーディオ機器が接続されている間はスピーカーから音は出ません。

・通知音や効果音などは、音が出ないように設定されている場合があります。[設定]>[音]と通知を選んで確認してください。

・音のない映像など、音が出ないシーンでないかご確認ください。

・ヘッドのホンの場合、インピーダンスが高すぎないか、ご確認ください。
 弊社では32Ω以下を推奨しております。

ページ上に戻る

スピーカーの音が小さい。

・音量が小さくなっていないか、ご確認ください。

・再生している映像や音楽の録音レベルが小さくないか、ご確認ください。

・[音声強化]の設定をオンにすることで、スピーカーからの音量を高めることができます。
次の順にタップします。
1. [設定]をタップする。
2. [音と通知]をタップする。
3. [音声強化]をタップする。
4. [BesLoudness]をタップし、右端のスイッチがオンになったことを確認する。
5. 映像または音楽を再生する。
※大音量で再生すると、音が歪んだり、スピーカーが傷んだり、消費電力の急増でバッテリーの消費が早まったり、急に電圧が降下して電源が落ちたり、バッテリーを傷めたりする可能性があります。できるだけ[音声強化]は使用せず、使用したとしてもできる限り小音量でご使用ください。

ページ上に戻る

画質が悪い。音質が悪い。

・Wi-Fi(無線LAN)が低速または不安定の場合、画質や音質が劣化したり、途切れたりする場合があります。Wi-Fiの電波環境の良い場所に移動したり、インターネットの速度が速い環境で再度お試しください。

・ネットの動画や音楽の中には圧縮率を高くして画質や音質が低くなっているものがあります。元のデータの画質や音質が問題がないか、ご確認ください。

・画面の明るさが暗くなっていないか、音量が小さすぎないか、ご確認ください。

・録音レベルが高すぎると音が歪む場合があります。

ページ上に戻る

ネットに接続できない。

・Wi-Fiがオフになっていないか、または機内モードになっていないかご確認ください。

・Wi-Fi(無線LAN)の電波が弱い場合は無線LANルーターに近づいてください。

・無線LANルーターが不安定の場合はリセットしてください。

・Wi-Fiが正しく接続されているか、ご確認ください。設定アイコンから[無線とネットワーク]>[Wi-Fi]と選んでWi-Fi名(SSID)のリスト最上部が[接続済み]になっているかご確認ください。

・Wi-Fiのパスワードが正しいかご確認ください。

・無線LANルーターが接続されているインターネット回線が非常に混雑している、または回線が切断されていないかご確認ください。

・接続先のホームページやサーバーがサービスを停止しているなど接続先に問題がないか、ご確認ください。

ページ上に戻る

アプリをインストールできない。

・アプリが要求する仕様を本機が満たしていないなどの理由でインストールできない場合があります。また、インストールできても動作できない場合があります。

・本機のストレージの空き容量が少ない場合、インストールできない場合があります。

ページ上に戻る

画面に気泡が見える。

・BNT-71Wは工場出荷時、画面側に保護フィルムが貼り付けられています。このフィルムはタッチパネルに密着しているため、タッチパネルと一体化しているように見えますが、剥がしてお使いいただくものです。また、このフィルムに気泡が混じっていることがあるため、画面に気泡が入っているように見えることがあります。画面の隅で爪を立てていただいたり、粘着力が強めのテープを四隅のいずれかに貼り付けて剥がすことで浮き上がらせることができます。

ページ上に戻る

タッチパネルが効かない。効きにくい。

・保護フィルムが貼られている場合ははがしてお試しください。

・指や画面が濡れていたり、汚れていたりする場合は拭き取ってください。手袋をはめている場合は外してご使用ください。

・ソフトウェアが停止している(フリーズしている)場合は、電源ボタンを8秒以上押し続けて本体をリセットしてください。

・スリープ状態では画面が出ず、画面をタッチしても反応しません。電源ボタンを一回押すと画面が表示されます。

・アプリが最新の状態かご確認ください。

・本体内部の処理が重い場合に一時的にタッチパネルが効かない、または効きにくい場合があります。しばらく待ってからお試しくしください。

・画面にヒビが入っていないかご確認ください。画面破損の場合、修理は承りますが有償での本体交換となります。保証は効きませんのであらかじめご了承ください。

ページ上に戻る

動かなくなった(画面が固まった)。

・アプリが動かなくなった場合は一度ホーム画面に戻り、アプリ切換(最近使ったアプリ)アイコンからアプリを終了してください。または電源ボタンを8秒以上押し続けて本体の電源を一旦オフにしてください。

・本体の動作が遅くなったり、不安定になったり、動かなくなった場合は電源ボタンを8秒以上押し続けて本体の電源を一旦オフにしてください。

・電源ボタンを8秒以上押し続けてもリセットされない場合は先端が細いもので背面のリセットボタンを押してください。

ページ上に戻る

GPSが機能していない。精度が悪い。

・[設定]>[位置情報]にて右上のスライドスイッチがオン(右にスライドされた状態)になっているかご確認ください。

・[設定]>[位置情報]にて[モード]が高精度になっているかご確認ください。

・屋内や建物の密集している場所ではGPS信号が遮られるため精度が悪くなる場合があります。空の広い場所で受信してください。

・雨や雪、雲などはGPS信号を弱めるため、精度が悪くなる場合があります。

ページ上に戻る

Bluetooth機器につながらない。

・[設定]>[Bluetooth]にて右上のスライドスイッチがオン(右にスライドされた状態)になっているかご確認ください。

・[設定]>[Bluetooth]にて[ペアリングされたデバイス]に接続したい機器名が表示されているかご確認ください。画面に機器名が表示されていないまたは[使用可能なデバイス]に表示されている場合は本機に接続されていません。画面に機器名が表示されていない場合は接続したいBluetooth機器の電源を入れ、接続モードにしてください。[使用可能なデバイス]に表示されている場合は機器名をタップして接続してください。

・[ペアリングされたデバイス]に表示されているにも関わらず接続がうまくいかない場合は、一度Bluetooth機器名右の歯車アイコンを押し、[切断]をタップしてください。一度、切断してから再接続してください。それでもうまくいかない場合は切断後に本機を再起動し、再接続してみてください。

ページ上に戻る

パスワードやセキュリティのパターンを忘れて使えなくなった。

・パスワードを忘れた場合、本体を特殊な方法でリセットする必要があります。このため、お客様のお手元では元に戻すことはできず、弊社お預かりとなります。またすべてのデータが消去されます。

・リセット作業は有償となりますので、パスワードやセキュリティパターンなどはメモなどに必ず残すようにお願い申し上げます。

ページ上に戻る

画面の左下に「セーフモード」と出て表示がおかしい、アプリが使えない。

・電源ボタンを長押しして[電源を切る]をタップするときに長く押しすぎると[再起動してセーフモードに変更]と表示が出ます。そのまま[OK]をタップすると、タブレットが[セーフモード]の状態で起動します。セーフモードはタブレットの挙動がおかしくなった際に、後で入れたアプリの影響かどうかを検証するためのモードです。通常は使用しません。再度電源ボタンを長押しして[再起動]をタップしてください。タブレットが正常モードで再起動します。

ページ上に戻る

32GB以上のmicroSDカードを使用するためにFAT32でフォーマットしたい。

・購入時にmicroSDカードがFAT32でフォーマットされている場合は、再フォーマットの必要はありません。そのままタブレットに挿入してください。

・microSDカードがNTFSやexFATなど非対応の形式でフォーマットされている場合、タブレットに挿入すると[空のSDカード]の通知が出ますのでダブルタップします。
[SDカードをフォーマットしますか?]でフォーマットを選びます。
フォーマットが実行されます。
※すべてのデータが消去されますので、microSDカードにデータが記録されている場合は、挿入前に必ずバックアップをお取りください。

・Windowsの場合、OSの制約によりFAT32形式でフォーマットできる容量は最大32GBです。32GBバイト以上をFAT32でフォーマットできるフリーウェアなどをご利用ください。

・Macの場合、ディスクユーティリティでmicroSDカードを選び、[消去]タブにてフォーマットを[MS-DOS(FAT)]として[消去]を選んでください。

ページ上に戻る

Miracastアダプターと接続したい。

※以下の方法は基本的な接続手順であり、アダプターによっては異なる場合があります。アダプターの取扱説明書をよくお読みください。

1. Miracastアダプターをテレビに接続し、電源を入れて起動する。
 Miracastアダプターが待ち受け状態になるまでお待ちください。
2. タブレットの[設定]をタップする。
3. [ディスプレイ]をタップする。
4. [画面のキャスト]をタップする。
5. 画面右上の縦向きの[…]をタップする。
6. [ワイヤレスディスプレイの有効化]の□をタップする。
7. デバイス一覧にアダプター名が表示されていることを確認し、タップする。
 [接続中]になりますので、しばらくお待ちください。
8. 接続が完了するとタブレットの画面がテレビにも表示されます。
※接続がうまくいかない場合は、デバイス一覧のアダプター名をタップし、一度切断してから再度接続を試みたり、Miracastアダプターの電源を入れ直したりしてみてください。

ページ上に戻る

Googleマップが起動しない。

・Googleマップのアップデートにより起動しない場合があります。
アップデートをアンインストールすればご使用いただけます。

<Googleマップのアップデートをアンインストールする方法>
次の順にタップします。
1. [設定]をタップする。
2. [アプリ]をタップする。
3. 右から左に2回スワイプし[すべて]のタグに移動する。
4. 下から上にスクロールして[マップ]を探し、タップする。
5. [アップデートのアンインストール]をタップする。
6. [OK]をタップする。
7. [アプリを出荷時の状態に更新しますか?]で[OK]をタップする。
8. Googleマップの最新版がアンインストールされて工場出荷状態に戻ります。
9. ホームボタン[○]でホーム画面に戻ります。
10. [Playストア]をタップします。
11. Playストアの検索窓の左端の三本線をタップします。
12. 左側にサイドメニューが表示されますので[設定]をタップします。
13. [アプリの自動更新]をタップし、[アプリを自動更新しない]をタップします。
14. ホームボタン[○]でホーム画面に戻ります。
15. Googleマップをタップし、起動します。
※Googleマップが再度自動更新されないようにアプリの自動更新をオフにしました。その他のアプリの更新は[Playストア]の検索窓の左端の三本線をタップし、サイドメニューの[マイアプリ&ゲーム]にて行います。[アップデートあり]と書かれた各アプリをタップし、[更新]をタップしてください。

ページ上に戻る

Wi-Fiで「スリープ時にWi-Fi接続を維持」が変更できない。

Wi-Fiの詳細設定で「スリープ時にWi-Fi接続を維持」が変更できない(特に「常に使用」を選べない)ご報告をいただいております。
次のアプリを入れることでスリープ時でもWi-Fiを有効にすることができます。
1. GooglePlayストアにて「Wifi Lock」(Messenger IM)のアプリをインストールする。
2. Wifi Lockのアプリを起動する。
※広告が表示された場合は「戻る(画面下部左の三角マーク)」でスキップできます。
3. 常時接続するアクセスポイント名(SSID)で「Lock Wi-Fi」を押す。

ページ上に戻る

PCと接続してもタブレットが認識できない。

PCとタブレットを接続した際、最初の数回は認識されるが、ある時から認識されなくなるご報告を頂いております。
ドライバの入れ直しで回復する場合がございます。手順を下記に示します。

1.BNT-71WをWindows PCに接続する。
2.コントロールパネルを呼び出す。
3.デバイスマネージャーを呼び出す。
4.不明なデバイスで右クリックし「ドライバーソフトウェアの更新」を選ぶ。
5.「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選ぶ。
6.「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選ぶ。
7.ポータブルデバイスを選ぶ。
8.MTP USBデバイスを選んで「次へ」を選ぶ。
※この方法で解決できない場合は、Windowsの「復元」や「OS再インストール」が必要な可能性があります。

ページ上に戻る

ページトップへ