開発物語

  • DEVELOPING

BNT-801W(第72号商品)

現在、弊社では8インチのタブレットを開発しています。
BNT-700K、BNT-710、BNT-71W、BNT-791W(1G/2G)、BNT-1061Wに続く、第6代目のタブレットです。

<型番>
BNT-801Wとなります。(2018年6月14日)

<コンセプト>
タブレットのある生活を広めるために普及版タブレットを開発しています。
普及するためには「標準」「安定」「改善」が重要な要素だと考えています。(2018年6月15日)

<タブレットの構造>
タブレットは4つのレイヤーで見ることができます。(2018年6月18日)

  • layer1

<主な仕様>
BNT-801Wの主な仕様をご紹介しましょう。
通信レイヤー:Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.1
PCレイヤー:OSはAndroid 8.1、CPUはMT8163、RAM 2GB、ROM 16GB
電機レイヤー:液晶は8インチ1280×800画素、電源端子はUSB Type-C
機構レイヤー:筐体はプラスチック、スイッチはメンブレインスイッチ

<液晶サイズ>
液晶サイズは今回8インチを選びました。
これまで7インチのBNT-71Wや7.9インチのBNT-791Wを発売して好評をいただきましたが、
8インチはタブレット市場で主流のサイズなので、安定供給の面でより安心できます。

なお、液晶サイズは有効表示領域の対角の長さ(cm)を2.54で割ってインチで表したもので、
8インチ液晶の対角の長さは約20.3cmになります。
(2018年6月19日)

<電源端子>
BNT-801Wでは電源端子としてUSB Type-Cを採用しています。弊社は電源端子の改善に力を入れてきました。
これまでお客様から端子破損による修理依頼が多く寄せられてきたためです。
BNT-71WではmicroUSB端子にケーブルをしっかり奥まで差し込めない構造ため、お客様が斜めから挿入しやすく、
端子を破損しやすい問題がありました。
BNT-791WではmicroUSB端子とケーブルが隙間なくしっかり差し込めるようにしました。
ただし、microUSB端子は裏表があり、向きを間違ったまま無理に差し込んで破損してしまう問題は残りました。
そこで今回USB Type-Cを採用しました。端子に裏表がなく、どちらの向きでも差し込めるので、この問題を解決できます。

  • USB_71w
  • USB_791w
  • microUSB
  • USB_Type-C

(2018年6月20日)

<OS>
OS(Operating System)はタブレットのコアのソフトウェアです。
弊社タブレットではBNT-700KでAndroid 4.2.2、BNT-710でAndroid 4.4.2、BNT-71WでAndroid 5.1、
BNT-791WでAndroid 6.0を採用してきました。BNT-801WではAndroid 8.1を採用しています。
Android OSは定期的にバージョンアップが行われており、カーネルやシェルの改善によって
ハードウェアをより快適に、効率的に動かせるようになっています。
(2018年6月21日)

<試作品>
案を形にすることが開発と思っています。5月23日にBNT-801Wを企画して以来、1ヶ月を経て本日、待っていた試作品が到着しました。
これから外観、部品、性能、品質の試験・評価を行いたいと思います。

  • BNT-801W_front_ss
  • BNT-801W_back_ss
  • BNT-801W_parts_ss

(2018年6月21日)

<試験・評価>
1)外観
外観はデザイン、素材、色に分けて評価しています。デザインは図面通りに仕上がっており、素材はABS樹脂、色は白です。
USB Type-C端子の穴の位置に若干のズレが見られましたが、量産試作(Pre Production)までに改善します。

  • back
  • internal

2)部品
部品はコアチップと主要部品に分けて評価します。コアチップであるCPUは台湾MediaTekのMT8163を使用しています。
タブレットの主要部品は液晶パネル、電気回路基板、バッテリーであり、現在これらの資料を要求しています。

  • bnt801w_CPU

(2018年6月25日)

3)性能
性能は大きくハードウェア、ソフトウェア、システムに分けて評価します。
ハードウェアは機構や電源、ソフトはOSやアプリ、システムは入力、出力、処理、通信などに分類して評価します。
試作機を評価した結果、システムの出力にあたる液晶の明るさとスピーカーの音量に改善の必要があり、量産試作までに改善します。

  • evaluating

(2018年6月26日)

4)品質
品質は性能の安定性を示すものです。主に部品、テスト、ユーザー体験、安全性で見ています。
部品は現物と資料で確認し、信頼性テストは量産の前に高温、低温、落下、端子の挿抜などを行い、
ユーザー体験は社員が普通に使って評価します。安全性は主にバッテリーなど電源関係を確認します。
(2018年6月27日)

<起動画面>
最初の起動画面は、弊社のロゴと、その下に「POWERD BY Android」のロゴを置きました。
ホーム画面のアイコンは左からGoogleアプリ、Oアイコン、設定、Playストアとなっています。
GoogleアプリはGoogle社が推奨するChrome、YouTube、Googleマップなど10個になっています。

boot

(2018年7月4日)

<部品メーカー>
液晶パネルは中国BOE Technology Group製です。BOE Technology Groupはスマホ、タブレットやパソコン用
の分野で大手の液晶パネルメーカーで、BNT-791Wでも使用したことがあります。
RAMはアメリカのメモリ大手Micron Technology社の一部門であるSPECTEK製です。
DDR III方式の2GB RAM「SU512M32V01MD2LPF」を使用しています。
ROMは中国Longsys Electronics社製です。16GBフラッシュメモリー「NCEMAD99-16G」を採用しています。
容量は32GBと異なりますがBNT-1061Wでも同社のフラッシュメモリーを使用しています。
※生産状況によって部品が変わることもありますが、その時は事前に確認します。
(2018年7月9日)

<ファームウェアの検証>
弊社の要望を反映したファームウェアが届きました。
OSはAndroid 8.1で動作に問題はありません。
アプリはGoogleの標準アプリと、弊社が基準とする16個のアプリをテストしました。
Googleの標準アプリは上で紹介した10個のアプリで、問題なく動作しました。
16個のアプリはお客様がよく使われるものでNetflix、Amazonプライム・ビデオ、Facebook、Twitter、Instagram、
LINE、モンスターストライク、パズル&ドラゴンズ、ディズニーツムツム、Kindle、Yahoo!、SmartNews、楽天市場、
Amazon タブレットアプリ、Yahoo!天気、Yahoo!乗換案内です。こちらもすべて動作しました。
UIは起動画面やアイコン配置は要望通りです。壁紙は少し調整が必要ですが、量産試作までに改善します。

  • home1
  • home2

(2018年7月17日)

新商品の情報は今後随時更新します。

ページトップへ